関係性の中で起こる嫉妬~6つのエゴゲーム~

たまえです。

先日、両親との関係性を整える重要性についてお話ししましたが、
今日は別の視野で関係性を見てお話ししていきます。

皆さんは嫉妬をしたこと嫉妬をされたと感じたことはありますか?

こちらにいらしたことのあるAさんの話です。

Aさんは幸せになることへの恐怖がありました。
それは嫉妬された過去の記憶によるものでした。

Aさんは小さい頃、お父さんが大好きで、
お父さん♪お父さん♪と
お父さんに駆け寄って抱きついていたそうです。
お父さんと手を繋いで出かけたり、
よく一緒に遊んでお父さんといるときは幸せだったそうです。

しかしお母さんとは仲良くありませんでした。
何故だか叱られることが多く、
何かと不機嫌でお母さんには恐怖を抱き、
いつもお母さんの様子を伺うようにしていたんです。

そしてお母さんとの関係だけでなく
徐々にお父さんとの関係も悪くなっていたそうです。

関係を整えたくてスピリチュアル心理カウンセリングを受けにいらしたのですが
Aさんはセッション中に気付いたんですね。

「あ!お母さんに嫉妬された!!!痛い!!!」
「お母さんの視線が痛い!!!」
「痛いの嫌!!!」(><)!!!
「お父さんと仲良くしているとお母さんは面白くなくて
お父さんに抱きついていると面白くなさそうにしていた!!!」
と・・・・

お母さんは自分よりお父さんと仲良くしているAさんが面白くなかったのです。
それが原因でお母さんはAさんに不機嫌な態度で接していたのです。

嫉妬されたAさんは深い意識に決定付けをしていました。
「仲良くしてはいけない」
「甘えてはいけない」
「嫉妬は怖いものだ」
「幸せそうに表現してはいけない」
と・・・・

これらの過去の記憶による決定付けが
幸せになることへの恐怖を生んでいたのです。

そしてお父さんと仲良くすると嫉妬されるので
無意識にお父さんと仲良くならないような態度になっていったのです。

更にお母さんとお父さんとの関係が
人間関係に現れていました。

女性との関係では嫉妬されないようにするために
幸せな話をしないようにして不幸の話をよくするように・・・
男性との関係では
素直に表現出来ないように・・・なっていました。
それに人間関係に壁を感じて仲良くなれないでいたんですね。

このように両親との関係は
人間関係に反映されていきます。
両親との関係だけに起こることではありません。
いかに自分に愛を注いでもらうかをやっているのですから、
兄弟姉妹との関係で嫉妬を感じて育つことも多々あります。

Aさんはスピリチュアル心理カウンセリング
それらの記憶と痛み、決定付けを手放し癒していきました。
そして今出来る最大限の幸せになる許可を聖なる存在から与えてもらったのです。

何故Aさんのお母さんは嫉妬をしたのでしょうか?
様々な理由があるかと思いますが、
その一つにお母さん自身が愛情を充分に与えられて育っていない要因があり
お母さんが自分のお父さんへ甘えられなかった記憶でもあったりします。

その要因がまた自分の子供Aさんへ反映されていったのです。

ですからお母さんの中にも痛み・決定付けが存在しています。

Aさんはセッション中、
お母さんもまた同じ痛みと決定付けを持っていることに気付き、
お母さんを心の中で抱きしめながら、
聖なる存在に癒してもらいました。

それはお母さんとの和解でもあったプロセス。

セッションが終わった後、
Aさんの表情は子供のような無邪気な笑顔に変わっていました♪

その後、Aさんはお母さんへの接し方もお父さんへの接し方も変わったそうです。
そして幸せになるための直感が冴えるようになったとのこと♪

嫉妬についてもう少しお話したいと思います。

一般的に嫉妬はよく起こります。
そこには比較が存在します。
比較とは自分以外の人と比べることです。
自分というものがあれば比較が起こります。
悟っていれば自分がないので比較はありません。

でも悟っていなければ自分というのが存在するのは
ごく自然で比較も自然なことです。

比較があるので嫉妬も起こります。

ですが「嫉妬」には何の問題もありません。

「嫉妬」+「痛みや決定付け」がシコリになり
関係性を壊していくのです。

痛みや決定付けが解消されると
ただの「嫉妬」になるので
嫉妬しようがされようが、
嫉妬は来てはただ通り過ぎるものになります。

ですから嫉妬されないようにするわけでもなく
嫉妬しない人間になろうとするわけでもありません。

嫉妬に痛みの記憶・条件付けが解消されれば
嫉妬に関係性を壊されることがなくなるのです。

それに嫉妬という意識のチャンネルからすぐに切り替えられ
自分というものがあってもそこから抜けるようになります。

嫉妬に限らず他の記憶にも言えることです。
記憶に痛み・条件付け・決定付けがあればシコリになり
関係性や人生のあらゆる場面で影響が出ます。
記憶に痛み等が解放されれば
それはただの「記憶」になります。
痛み・条件付け・決定付けからの解放は
スピリチュアル心理カウンセリングで行っています。

さて、今まで嫉妬について話てきましたが、
広い視野でみた関係の中で起こっている6つのエゴゲームについて
さっくりお話しします。

人の心の中でよく起こっている事です。

1つ目
「支配しようとすること」
2つ目
「支配を拒もうとすること」
3つ目
「自分が正しいと示そうとすること」
4つ目
「相手が間違っていると示そうとすること」
5つ目
「自分を正当化し誤魔化そうとすること」
6つ目
「相手に罪の意識を感じさせようとすること」

人との関係の中でこれらが繰り広げられています。

自分と両親、兄弟姉妹、他人との間だけでなく
自分の中に存在するいくつか人格同士も
この6つのエゴゲームをしています。

長文になってしまったので
6つのエゴゲームについてまた詳しく明日書きます。

たまえ


コメント


認証コード9778

コメントは管理者の承認後に表示されます。

Copyright © 2017 癒しサロンHealingmoon All Rights Reserved.